エイズ

N性病チェックしましょうN
男性用セ イ女性用

ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
医療に関する免責事項もお読みください。
エイズとは?
後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、Acquired Immune Deficiency Syndrome; AIDS)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことである。
一般にエイズ(AIDS)の略称で知られている。
エイズ(HIV/AIDS)ウイルスの起源はカメルーンのチンパンジーという説が有力であり、そこから人に感染して世界中に広まっていったと考えられている。
1981年にアメリカのロサンゼルスに住む同性愛男性(ゲイ)に初めて発見され症例報告された。
ただし、これはエイズと正式に認定できる初めての例で、疑わしき症例は1950年代から報告されており、「やせ病」(slimming disease)という疾患群が中部アフリカ各地で報告されていた。
1981年の症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がっていった。
当初、アメリカでエイズが広がり始めたころ、原因不明の死の病に対する恐怖感に加えて、感染者にゲイや麻薬の常習者が多かったことから感染者に対して社会的な偏見が持たれたことがあった。
現在は病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得ることが知られるようになり、広く一般的な問題として受け止められている。
世界の現状
現在全世界でのヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者は5千万人に達すると言われている。
その拡大のほとんどがアジア、アフリカ地域の開発途上国において見られる。
サハラ以南のアフリカには全世界の60%近くのエイズ患者がいるといわれ 、増加傾向にある。
また一部の開発途上国では上昇していた平均寿命が低下しているという現状がある。
近年では中国、インド、インドネシアにおいて急速に感染の拡大が生じて社会問題化している。
2006年度、イギリスでの新規HIV感染者数は8925件、イギリス以外の西ヨーロッパでは16316件、アメリカには報告システムのない地域もあるが推計65000件である。
アフリカの深刻な国における平均寿命の変遷 日本の現状1985年、初めてAIDS患者が確認された。
1989年2月17日、「後天性免疫不全症候群の予防に関する法律」が施行。
当初は大半が凝固因子製剤による感染症例だった。
2006年度の新規HIV感染者数は 952件と、世界でも特に少ない水準にある。
2006年に確認された日本人患者・感染者数は、同性間性的接触(男性同性愛)による感染が727人、異性間性行為による感染が男性242人、女性54人。
静注薬物濫用や母子感染によるものは0.5%以下。
日本国内での感染が87%、日本国外での感染が6.6%。
外国国籍報告例は12.2%と、人口割合(1.68%)を大きく上回っているのも特徴。
感染者数は、国外水準を考えれば横ばいから漸増傾向といえるが、東京圏や大阪近郊では確実に増加傾向を示しており、東京圏だけで日本国内のHIV感染者数の六割以上を占める。
臨床
急性感染期HIVに感染して1〜2週間程度で、全身倦怠、発熱など軽い風邪に近い症状に加え、突然の全身性の斑状丘疹状の発疹(maculopapular rash)や複数の部位のリンパ節腫脹が見られる。
また発疹や口腔カンジダを生ずる場合も多い。
しかし、こういった症状に気付いても単なる風邪や蕁麻疹、口内炎として見過ごすことも多く、また症状が出ず気づかない人もいる。
これらの症状は感染者全員に見られるものではないため、感染機会があった直後にこれらの症状があったからといって感染したと判断するのは早計であり、単なる風邪である場合もあるため注意をしなければならない
出典・引用元:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)
カップ+電動=最強の快感Iイ

[性病基礎知識]
- mono space -