B型肝炎

N性病チェックしましょうN
男性用セ イ女性用

ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
医療に関する免責事項もお読みください。
B型肝炎とは?
B型肝炎(ビーがたかんえん, Hepatitis B, HB)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一種である。
病原体ヘパドナウイルス科オルソヘパドナウイルス属に属するB型肝炎ウイルス (Hepatitis B Virus; HBV) である。ジェノタイプ(genotype)はA〜Hの8種類ある。
従来、日本ではジェノタイプCが多かったが、欧米から性感染症(STD)としてジェノタイプAが持ち込まれている。
感染経路
HBVは血液が主な感染経路である。
輸血・臓器移植・注射器による針刺し事故・性交渉・母子感染が原因となる。
日本では、昭和63年頃まで行われた幼児期の集団予防接種における注射針の使い回しにより、HBVウイルスが蔓延した。
かつては輸血による感染が多かったが、先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない。
現在は針刺し事故や覚醒剤注射の回し打ちなどが主であるが、臓器移植によるものも見られる。
また、最近の刺青業者は衛生面に気を遣っているようだが、昔は針の使い回しが多く、刺青を入れた年代によっては感染の危険性が高い。
日本では、戦後から昭和63年頃までの幼児期の集団予防接種において、注射針・注射筒が使い回されており、そのためHBVによる慢性肝炎患者が増大した。
国は昭和23年には注射針・注射筒の連続使用の危険性を認識していたが、40年にわたり使い回しの現状を放任していた。
現在、推定150万人の持続感染者(キャリア)の内、集団予防接種による感染者は30%前後と言われている。
B型肝炎の母親から生まれた子供はB型肝炎の持続感染者(キャリア)となる。
最近は高HBIG(高力価HBs抗原ヒト免疫グロブリン)・HBワクチンにより感染の減少がみられる。
母子感染予防対策は大きな効果を発揮している。
B型肝炎ウィルスの感染様式は2つあり、一過性感染と持続感染がある。
一過性感染のうち、20〜30%が急性肝炎を発症する。
さらに、急性肝炎のうち、1〜2%が劇症肝炎化する。
劇症肝炎を発症すると、70〜80%は死亡する。
一方、持続的にウイルス感染する場合、C型肝炎と同様、慢性肝炎・肝硬変あるいは肝臓癌の転機をとることがある(ただし、無症候性キャリアといって持続感染しても発症しない人が80〜90%いるが、無症候性キャリアであっても、慢性肝炎になったり、肝臓癌になる患者も一部いる)。
近年、日本ではあまり見られなかったジェノタイプA(北米、欧州、中央アフリカに多く分布する)のB型肝炎ウィルス感染が広がりつつある。
ジェノタイプAのB型肝炎ウィルスに感染した場合、その10%前後が持続感染状態(キャリア化)に陥る。
本来、日本に多いジェノタイプCのB型肝炎ウイルスは、成人してからの感染では、キャリア化することはまれであったことから、ジェノタイプAのB型肝炎ウィルス感染の拡大には、警戒が必要である。
いずれにせよ、飛沫や唾液等でHBVウイルスに感染することはない。
症状
急性肝炎発熱や全身倦怠感、その後食欲不振や悪心・嘔吐が出現する。黄疸となる可能性もある。
激しい場合は劇症肝炎やD型肝炎の混合感染も考える。
慢性肝炎自覚症状は少なく、全身倦怠感、食欲不振、易疲労感などを認めることがある程度である。
抵抗力の弱い六歳未満の幼児がHBVに感染するときのみ慢性肝炎となるので、母子感染と上述の集団予防接種時の注射針の使い回しが慢性肝炎の主な原因となる。
診断・検査
急性肝炎問診発症前6ヶ月間に輸血、注射、手術、針刺し事故、覚醒剤注射などの感染の原因となりうることがあったかどうかを確認する。
血液検査IgM型HA抗体、HCV抗体を検査しA型肝炎やC型肝炎などを除外する。
HBs抗原の検査でB型肝炎の感染を特定できる。
肝酵素の上昇を計測する。
慢性肝炎ウイルスの増殖を肝機能は反映しないこと、ウイルス増殖が多いと肝癌の発症が多いことが分かっている。
血中ウイルス量の測定にはDNAポリメラーゼや定量PCR,定量TMAが用いられていたが、現在は測定レンジの広さから、リアルタイムPCR法に取って代わられつつある。
肝の傷害の程度は合成能、排泄能、線維化についてそれぞれ評価する.
合成能:凝固因子、ヘパプラスチンテスト、PT、APTTなど排泄能:ICG15分値など線維化:ヒアルロン酸、IV型コラーゲンなど
予防
外国では母子感染予防の為、B型肝炎ワクチンを乳児期に定期接種している例が多い。
日本では、母子感染防止対策事業として、妊婦に対するHBs抗原検査が実施され、健康保険により陽性妊婦からの出生児への抗HBs人免疫グロプリンの投与及びB型肝炎ワクチンを接種している。
渡航者もB型肝炎ワクチンの接種対象となる。
日本製、または、日本で承認されているB型肝炎ワクチンの抗原量は10マイクログラムであり、日本以外の製品の20マイクログラムの半分量であること、また、いずれの場合も、"low responder"や"non-responder"という、抗体産生反応をしにくい被接種者がいることも熟知されたい。
接種スケジュールは、一般的には1回目と2回目が4週間間隔(米国では30日)、2回目と3回目が半年間隔である。
10年間抗体維持。緊急接種の場合(緊急でハイリスク暴露になる可能性がある場合)、米国では次の接種法が承認された。
1回目と2回目が1週間間隔、2回目と3回目が2週間間隔、3回目と4回目が1年間隔。これで、10年間の抗体維持ができるとされる。
労働災害防止(対象 医療関係者・救急関係者等)労災事故防止の観点から実習前の段階からB型肝炎ワクチンの接種が望ましいとされているが、日本では労働安全衛生法上の義務にも関わらず一部の医療機関でB型肝炎ワクチンの予防接種の未実施や接種費用の一部の自己負担を請求している等の問題がある。
出典・引用元:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)
これアダルトグッズUSBローター

[性病基礎知識]
- mono space -